継続が力なり。【Nozbeを定期的にレビューする】

月日はあっという間、久し振りの更新です。

気持ち新たに、いきましょう。

「NozbeとATOKPadとEvernoteとGoogleカレンダーの組み合わせで最高ライフを送る方法」

「この企画、まだ終わってなかったんか!」というツッコミ。

あるだけでも、ありがたいです。

既に自分でも何のことだったか・・・、思い出しながら書いております(笑)

さて、気を取り直して、Nozbe生活は如何でしょうか。

毎日、続いておりますでしょうか。

Nozbeを使っていると自分の行動がはっきり見えてくるので、「今やらない」という選択もしやすくなります。

最初から優先度を決めるのではなく、すべての行動を把握したうえで、「今」為すべきことを実行していく。

この感じが重要だと思います。

忙しい人ほど、こういったシステムの構築は必須です。


管理人も朝から晩まで仕事で忙しく、やることも山積み、やりたいことも上手くやれない日々が続きました。

ところが、それはすべて自己の能力を限ってしまった話。

やり方次第で、時間はいくらでも創ることができると教わりました。

そう、時間は 自分で創るものなのです。

時間を創るためにも、今日はNozbeの仕上げについて書いておきます。

それは、つまり、
継続すること です。

当たり前の話ですが、当たり前を当たり前に行うのは難しい。

世界中の人が当たり前のことを当たり前に実行していくことができていたなら、世の中のシステムはかなり違っていたはずです。

GTD(Nozbe)で大切なのは、頭の中をすべて入れたシステムについて「定期的にレビューする」ことだと言われています。

見直し、レビュー、修正。

Nozbeに入れた行動と、プロジェクト1つ1つに対してそれらを行っていきます。

まずは、これ以上「行動すべきこと」が出ないか、頭の中の行動をすべて出し切っているかをよく検討します。

「これ以上でない」という状態になったら、コンテキストの設定や日付の設定、要する時間など、設定できるものを設定していきます。

これらを毎日、定期的にやるに越したことはありませんが、現代人が毎日まとまった時間をとるというのはなかなか困難です。

そこで、週次レビューが出てきます。

週に一度でも、まとまって見直す時間を創る。

これには、2時間以上欲しいところです。

朝の時間や休みの日を利用して、週に一度は行いましょう。

週次レビューには、iPadのアプリなどを使い、腰を据えて行うのが理想です。

ちなみに、デスクトップ版の立ち上げもいよいよ。筆者も事前に使わせていただいておりますが、そのレビューはまた後日。

ゆっくり、時間をかけてNozbeと向き合う。突き詰めれば自分自身の本心と向き合うということでもあります。

自分の内なる声を聴いて、今何を為すべきか、今週中に実行すべきことは何か。よく検討してみるというわけです。

すると、自ずから答えを教えてくれ、これをやったら良いという思いが湧いてきます。

その内なる催しに従って、行動をしていけば、その行動に自信と満足感が伴うものです。

そして、週次レビューでまとまった時間をとったら、簡単にでも毎朝確認する癖をつけます。

毎朝の確認は、iPod touchやiPhoneなど、すぐに見られる端末で行うと良いでしょう。

「今日は目標に向けて、これをやるんだ。」

やる気の出る目標、そして今為すべき行動が明確になればなるほど、不安や取り越し苦労は消えていきます。

ぜひNozbeを始めたら、定期的にレビューして、「継続」してみてください。

やれば必ず、結果が出てきます。

読んでおきたい他の記事:

サブコンテンツ

このページの先頭へ