フリッカー入力

掲載するまでもない情報ですが、iPod touch[iPhone]で文章を作成する場合は、フリッカー入力がおすすめです。


パソコンのキーボードに慣れている方はローマ字入力も使いやすいと思いますが、慣れればフリッカー入力の方が速く入力できるようになります。

フリッカー入力は、日本語キーボード画面で

ア行ならア行、カ行ならカ行のところに指を合わせ、入力したい文字の方向に指でなぞるようにフリックします。

文字の配列はそれぞれ真ん中が「あ」の段、左が「い」の段、上が「う」の段、右が「え」、下が「お」の段になります。

位置を覚えてしまえば、パソコンのブラインドタッチのように入力することも可能です。

(さらに入力速度をあげたい方はATOKPadアプリを購入するとよいでしょう。)

読んでおきたい他の記事:

サブコンテンツ

このページの先頭へ